日本の金融市場への参加および活動の増加を目指すメカニズムの市場調査

 2010年以降、組織の再編成(実際の合併および提案を含む)、テクノロジーとインフラの”アップグレード”の両方において、日本の金融市場は大幅に進化してきました。こうした変化を受けて、 FIAジャパンは日本市場における効率性と市場参加を向上するために一連の提案を検討し発信してきました。

重点分野は、コロケーションサービス/ネットワーク、マッチングエンジンと清算のみならず、規則、規制や商慣行も含まれます。提案を発展させる際には、すべての市場セグメント(取引所、ブローカー、テクノロジー企業、投資家など)の代表者と直接議論し、代表者の方々はこれまで過去一年半以上にわたり、この過程に参加してフィードバックを提供して下さいました。


そのため FIAジャパンが行った提案の中には既に日本市場の参加者によって実施されているものもあります。この期間に行われた提案の概要は、報告書「日本の金融市場への参加と市場活性化を改善するメカニズムの市場調査」に示されています。

FIAジャパンの金融商品委員会の委員長ショーン·ローレンスは、FIAジャパンのテクノロジー委員会および総合取引所委員会と市場調査活動に従事してきました。

提案の際には、国内外のブローカー、取引所や金融業界のテクノロジー企業からの意見も収集しました。直接市場参加者の見解には、特定でありますが日本に投資する顧客の意見も含まれています。そのため、ここで紹介する見解は、公正でバランスのとれた代表的な意見だといえます。