大阪取引所がCME原油等指数先物を9月21日に上場


大阪取引所(OSE)はWTI原油先物価格との連動性が高いCME原油等指数を原資産とする「CME原油等指数先物」を、今年9月21日に予定している次期デリバティブ売買システム「J-GATE 3.0」の稼働に合わせて上場する。


CME原油等指数は、CMEグループのNYMEXで取引されているWTI原油、RBOBガソリン、ULSDヒーティングオイルを構成銘柄とし、CMEグループが算出・公表する指数。比率は原油72%、ガソリン13%、軽油15%で、年に1度比率が見直される。

CME原油等指数先物が上場されれば、個人投資家は円建てでグローバルな分散投資が可能になるほか、WTI連動型ETFの投資家はヘッジツールとして活用できる。

 またCME原油等指数先物は、①比較的少額の想定元本(足元の原油価格水準では1枚あたり百数十万円程度)、②現物の受渡しがない現金決済型商品――の特徴がある。



 詳細:https://www.jpx.co.jp/derivatives/products/petroleum/cme/index.html







2020年JPXグループの取引記録


293 views0 comments