日本取引所グループCOO兼東京証券取引所CEO山道裕己氏FIA殿堂入り

FIAは日本取引所グループCOO兼東京証券取引所CEOである山道裕己氏に本年度の“Hall of Fame”‐FIA殿堂入りの栄誉が授与されたことを自社ウェブサイトにて発表した。FIA殿堂入りの栄誉はデリバティブ業界の発展に大きく貢献したと認められた人達に与えられる。FIAは3月16日午後BOCA 2022において新たにFIA殿堂入りした10名の人達の名誉を称える記念式典を行った。


ウォルター・ラッケンFIAプレジデント兼CEOは次の様に述べた:我々は先物、オプション、デリバティブズ業界の成長と発展に特別に貢献した人達を表彰するためにFIA殿堂を創設しました。今年殿堂入りした人達は我々の業界が成長し続ける為にリーダーシップを発揮し必要なサポートをしてくれた業界を代表するビジネスリーダー、主唱者、政策立案者や創造力のある人達です。我々は彼らの貢献に感謝し彼らにこの栄誉を与えます。

リチャード・クレアモントFIAジャパン会長は次の様に述べた:山道氏のこの重要な偉業と業界に渡る表彰についてお祝いを申し上げます。山道氏はFIAジャパンにも多大な協力をされており、特に以前は大阪取引所のCEOとして多くのFIAジャパンのイベントで基調演説をしてくださいました。我々は日本取引所グループと東京証券取引所での役職においても引き続き山道氏の協力を仰ぎたいと思っております。


See video recording








































47 views0 comments