金融庁はEurex ClearingにOTCクリアリング免許を付与

Updated: Apr 20

日本の金融庁は Eurex Clearingに『外国金融商品 取引清算機関』としての免許を付与した。これによりユーレックスの中央清算機関はクリアリング・サービスをEUや米国のみならず、日本でも提供できることとなった。

最も大きい債券市場のひとつである日本へのサービスの拡充は顧客の要望によりもたらされたものであり、これはEurex Clearingのユーロ建てスワップ流動性プールさらに増強されることとなるであろう。

免許が付与されたことにより日本の金融機関はスワップのクリアリングのためにユーレックスに直接参加できるようになり、上場及びOTCのユーロ建てイールドカーブの業務を一箇所に統合することができるようになった。

『EU外でヨーロッパ債券の保有者が最も多い国のひとつである国の免許が付与されたことを誇りに思います。免許申請の際にご協力をいただいた日本の金融庁及びその職員の方々に感謝を申し上げます。』 Eurex ClearingのCEOエリック・ミュラーは語る。『このステップにより、私共はさらにアジアへの地理的なサービス拡充を図り、ユーロのイールドカーブ界の本拠地となるべく努力する所存です。』

日本マーケットへの参入はEurex Clearingにとって流動性プールを拡張させるための必然の一歩である。日本の金融機関はユーレックスでヨーロッパの債券先物を活発に取引しており、ユーロ建てスワップ市場での取引残高もかなり大きい。さらに日本は世界的に最も大きい上場デリバティブ及びOTCデリバティブのマーケットのひとつでもある。


日本以外でも、Eurex Clearingはデリバティブの清算機関として認定されており、関連のLSOCモデルで米国の顧客にサービスを提供している。2019年2月の承認以来、ユーレックスは3,500超のファンドを有する20社以上の顧客と取引を行っている。


詳細はこちらにクリック