CMEグループが6種類の日本のエネルギー先物取引を2021年2月8日に上場

CMEグループは1月7日、新たに4種類の日本の電力先物取引および2種類のLNG先物取引を、米国CFTCによる承認を条件に、2月8日に上場することを発表した。

4種類の新たな電力先物取引の上場により、CMEグループが提供する電力先物とオプション取引による一体化したサービスが拡充される。また、トレーダーにとってはCMEクリアリングを介したブロック取引の信頼性の高いプラットフォームが誕生する。また、2種類の新たなLNG先物取引は、日本の電力会社に価格リスクの一段と効率的な管理手段を提供することとなる。

CMEグループ駐日代表の数原泉は、次のように述べた。「日本の卸電力市場はすでに完全に自由化され、数百の電力小売事業者や供給業者が参加しており、これに伴い一段と充実したデリバティブ市場を構築する機会が生じています。市場参加者に効率的なリスク管理ツールを提供する新しい先物取引を導入できることを大変うれしく思います。これと同時に2つの円建てのLNG先物を導入することは、LNG先物と電力先物のスプレッド取引を考える市場参加者にとって大きな意味を持つことになります。」

 新たに導入される電力先物取引は、以下の通りである:日本電力(1日前)東京ベースロード先物、日本電力(1日前)東京ピークロード先物、日本電力(1日前)関西ベースロード先物および日本電力(1日前)関西ピークロード先物です。これらの決済は、当該先物取引が対象とする期間の日本卸電力取引所(JEPX)が発表する当該エリア(東京または関西)のベースロード/ピークロードの30分単位のスポット価格(1日前)の平均値を用いて日本円で行われる。

 新たに導入されるLNG先物は、日本/韓国市場(Platts)先物およびJCC(Detailed)先物で、日本円建てで取引される。前者はプラッツ社が発表する日次のDES日本/韓国マーカー(JKM)に基づいて決済される先物取引で、後者は日本の財務省関税局が発表する9種類の原油の平均通関価格に基づいて決済される。




詳細はこちらから: https://www.cmegroup.com/trading/energy/global-power-futures.html

およびhttps://www.cmegroup.com/trading/energy/global-natural-gas-futures.html

       

          


      






102 views0 comments