Organisation

Futures Industry Association Japan (FIA Japan) was founded in 1988 as an association of Japanese and Foreign futures industry participants.  Its members have a common interest in the growth and success of the Japan financial marketplace.  FIA Japan is actively involved as a forum for discussion of industry issues as well as an education and promotion of the Japanese derivatives markets.

In August 2010, FIA Japan was reestablished as a General Incorporated Association (Ippan Shadan Hojin) and marked a fresh start for further development.

FIA Japan is funded through the annual dues of its membership and we operate with a board of Directors represented by members elected by a vote of the entire membership.  Officers, including the chairperson, president, vice-presidents, treasurer and secretary are selected by the board. Several committees provide the study and recommendations for many of the Board’s key initiatives.

 

組織と運営

フューチャーズ・インダストリー・アソシエーション・ジャパン(以下FIAジャパン)は、先物業界の全セクターの会員から横断的に構成される、日本で唯一の団体です。 FIAジャパンの会員は、先物・証券取引所、証券会社、商品取引会社、銀行や他の市場参加者、さらにこの業界にサービスを提供するIT企業、法律事務所や他の専門業種に及びます。私達は金融、商品市場の双方に焦点をあて、この国際的な業界の国内外の発展と共に歩んでいます。 

FIAジャパンは、ワシントンDCに拠点を置くFutures Industry Association(FIA)との建設的合意の基、1988年に国内外の先物取引業界の専門家が参加する任意団体として設立されました。 2010年には当初のミッションを継承すべく、我が国における一般社団法人としての産業団体に再編されました。 2016年には、FIAとより円滑な政策調整を行い、デリバティブ業界の促進に資するための関係を強化すべく、より公式かつ広範囲にわたる提携協定を締結しました。 FIAジャパンは独自のミッションを持つ独立した組織として、会員によって選出された理事会を有し、独自の定款に基づいて運営され、日本の金融市場の発展に注力し続けています

 

今日、先物オプション市場は重要な役割を果たし、世界中の金融マネージャーや投資家の投資選択の幅が急速に拡大しています。日本では、東京を真の「国際金融センター」にする取り組みの一環として、先物業界および規制制度の改革が進められています。この状況において、FIAジャパンの役割はより一層重要になっています。

 

FIAジャパンのミッションは日本の金融市場の成長と成功、そして地域および世界的な金融センターとしての発展を促すことです。